パソコンに関する問題は専門の業者に任せる

システムの仕組み

ipad posについて

ipad posは、ipadやiphoneなどを用いたposシステムです。posシステムは商品管理や売上管理、在庫管理、顧客管理、売上分析などに強みがある会計処理システムですが、導入するためには専用の端末を導入する必要がありました。それまで主流であった独自のOSから近年は効率化のために既存のOSをモバイル化したものが使われるようになっています。また以前は独自回線を利用して情報のやりとりをしていましたが、通信費削減のためにインターネット回線が使われるようになると、セキュリティ面での不安が出てくることになります。特に近年ではposシステムに侵入して、顧客情報を盗み出すといったことが行われるようになっています。その点で、ipadやiphoneで使われているiOSはセキュリティ面で強みがあります。

そのメリットと導入費用について

ipad posに限らず、既存のOSやタブレットPCなどの情報端末を使う最大のメリットとして導入費用が安いということです。従来のレジスターに併設したものでは、1つの会計処理に1台のレジスターを導入する必要がありますが、ipad posなどの場合にはipadなどの情報端末でその場で会計処理を行うことができるので、従来のレジスターの数を増やす必要がなく、またレジスターでは支払いのみの会計処理を行うだけなので、スムーズに支払いが行えるメリットがありますし、クレジットカード決済であればその場での支払いができます。 導入する費用としては端末代を除けば、非常に低価格でスタンダードなものでは無料で提供しているものもあります。またもっとも高品質なものでも1店舗あたり1万2千円程度ですし、導入するための初期費用も1店舗あたり15万円程度なのでコストを抑えて導入することができます。